爆笑問題(朝倉/ハルナ)

ハルナ
「どうも〜、爆笑問題でーす。
 よろしくお願いしまーす」

  朝倉
「光るかっぜっを、追い〜」

  ハルナ
「歌詞そのままは危ないから!
 どこから狙われるかわかんないから気をないと!」

  朝倉
「早速のカスラックdis」

  ハルナ
「アンタが歌うからでしょ、ほんっとに…。
 まぁね、今、ハピマテ歌いかけましたけど、
 この冬は何と言ってもUQ HOLDER!のアニメ化ですよね」

  朝倉
「君ーに、きっと会ーえ」

  ハルナ
「だからやめなさい、って言うの」

  朝倉
「新しい輝きなのか問題はあるけどねぇ」

  ハルナ
「それはちょっと思ったけども(苦笑)
 まさかねぇ、2017年に毎週ハピマテなんてことになるとは」

  朝倉
「古い井戸には水が少し残っている。
 それなのに、古い井戸を完全に捨てて新しい井戸を掘りますか?」

  ハルナ
「突然のオシム語録」

  朝倉
「古い井戸を使いながら、新しい井戸を掘ればいいんです」

  ハルナ
「UQキャストに歌わせてるという意味でピタリな例えだけど、
 オシム語録がスッと入ってくる読者さん、どれくらい居ると思う?」

  朝倉
「バルト9で行われた、第1話の先行上映会に行ったのよ」

  ハルナ
「あぁ、あの、2日だけ早く観られるっていうやつ」

  朝倉
「赤松先生がヲタク丸出しで流石だな〜と思った」

  ハルナ
「この流れだったら第1話の感想でしょうよ、ここは」

  朝倉
「ここはボケ無しで話すけど、
 これは『は』を信じていいのかも、と思ったのよね」

  ハルナ
「『は』と『も』の話ね。
 赤松先生がUQを指して今回『は』面白いと思います、って言ったのを
 神田朱未さんと野中藍さんが今回『も』ですよね?と詰め寄ったやつ」

  朝倉
「信じていいのかも、と思ったんだけど…」

  ハルナ
「思ったんだけど?」

  朝倉
「…いや、これ、もうこの話題やめよう」

  ハルナ
「ちょっと!
 気になるでしょうよ!
 って言うか、『だけど』でやめちゃったら、
 その先言おうとしてたことお察しだし、
 フォローも出来なくなるでしょ!」

  朝倉
「もう最初からフォローするつもりだったんじゃん」

  ハルナ
「あっ」

  朝倉
「まぁねぇ、正直なところ、フラットには観られないわけよ」

  ハルナ
「ナンダカンダ、私たちネギま!から続く10年以上の読者だからねぇ」

  朝倉
「楽しみ方とか加減のポイントが、
 他の作品のものとはどうしても違っちゃうのよね」

  ハルナ
「オッケー、わかった。
 重箱の隅をつつく感じで、
 感想みたいなところとは離れて話しよう」

  朝倉
「それで行く?」

  ハルナ
「ステージで打ち合わせする新しいスタイル」

 


 


 

以降、12月18日放送の最終話を観て加筆します。
どういうまとまり方になるのか、私自身も楽しみです^^