menufootballmatch



シンガポール 0−3 日本
W杯アジア2次予選兼アジアカップ予選・第5節
(15/11/12:シンガポールナショナルスタジアム)



_______金崎_______
武藤嘉____清武_____本田
____長谷部___柏木____
長友___森重__吉田__酒井宏
_______西川_______


※交代はのちほど。


前半の日本は良かった。
WGが幅を取り清武が中央で受けるカタチと、
WG、SBに中央からもう1人が絡んでのサイド突破とをバランス良く繰り出せており、
狙い通りの好機を何度も創出。
クロスに対して大外から飛び込んでくるカタチも徹底されていた。
森重、柏木からの供給も良く、特に左サイドは滑らかに機能。
金崎、武藤嘉、柏木、森重は攻撃の意図をよく理解していたと思う。

後半は、本田の中央に居付く悪癖や全体に足が止まったことにより、
停滞感が強く漂う時間帯が殆どだった。
個人的には、柏木と長谷部の配置が前半と逆になっていたのが気になる。
森重が持ち上がって左から、
そして柏木が右からタクトを振るっていた前半のバランスが、
その配置により崩れてしまったのでは。
また、順次投入された宇佐美、香川、原口も代わりばなこそ活性化を期待させたが、
それぞれが単発に終わった印象。


特に前半の柏木は素晴らしかったけど、まぁ、このレベルならやってくれる選手ではあるよね。
前からガツガツ来る相手に今日の前半の出来を出せるか。
守備の問題点を覆い隠す意味でも、そこに尽きると思う。

金崎は、ドイツとポルトガルを経て身体に無理が利く選手になったよね。
鹿島で見せているものをきちんと出せていた。
岡崎、武藤嘉とコンディションで天秤にかけられる存在になれそうだ。

清武と酒井宏が同時に出場していたので、右でのコンビネーションを見てみたかった。
酒井宏をいちばん活かせるのは清武だと思ってるし、
本田は後半よろしく中に入ってきちゃうし、
(本田の気持ちはわかる。自分はサイドに張っていて何か出来る選手ではないとの自覚だろう)
クロスに対して清武よりも本田の方が高さあるから中に居た方がいいだろう、というのと…。
本田の勝負強さはもちろん武器だと思ってるけど、
(特に酒井宏が使われているのなら)中央に香川、右に清武というのもアリでしょ、とも思うのだ。



menufootballmatch