menufootballmatch



カンボジア 0−2 日本
W杯アジア2次予選兼アジアカップ予選・第6節
(15/11/17:プノンペン五輪スタジアム)



_______岡崎_______
宇佐美____香川_____原口
_____遠藤__山口_____
藤春___槙野__吉田___長友
_______西川_______


※交代はのちほど。


開始10分くらいは「チカラの差がハッキリしてるな」という感じだったのだけど、
慣れない人工芝とボールへの戸惑いなのかミスが多発する日本。
リズムが作れず、パスの送り先も読まれ出して、
(寄せておいて大外を使う展開は5バックのカンボジアにはすぐに通用しなくなったね)
カウンターからヒヤリとさせられる場面まで。
ピッチ内、スタンドのカンボジア人に「行けるんじゃないか」と思わせてしまうような試合展開に。
香川が低い位置に降りてくるなどするも、ついぞ流れは変えられず。
なかなかに酷い前半になってしまった。

後半は、後半開始と同時に投入された柏木のオンステージ。
ノープレッシャーの中盤からさまざまなパスを配球。
落ち着かせる、走らせる、最終的な行き先を伝える…。
素晴らしい仕事ぶりで日本の攻撃を蘇らせた。
柏木の充実に存分に応えたとは言い難いながらも、2点を奪って無事に勝利を収めた試合でした。


カンボジアGK:PKキャッチも含め3点は止めていた。いい仕事したぜ…。
宇佐美:疲労もあるだろうけど、何もなかった。藤春との関係はG大阪でも良くないので期待はしてなかった。
原口:2点目の流れを生んだ藤春をウラに走らせるパスを、早い時間帯に出せばもっとラクにやれたのに。
遠藤:タイミングと見ていたところは悪くない。後は精度だよね。



menufootballmatch