menufootballmatch



日本 4−0 タイ
W杯アジア最終予選
(17/03/28:さいたま(日本))
BS1


スタメン
________岡崎________
原口______香川______久保
_____酒井高__山口______
長友____森重__吉田___酒井宏
________川島________



所属のHSVでプレイしているとは言っても今季途中からなので、
「ボランチ:酒井高」がバタバタするのはわかる。
代表ではおそらく今回の2試合(UAE戦、タイ戦)の招集でもって
「ボランチ:酒井高」は初めて練習したのだろうし、
山口が酒井高との連携が攻守に取れなかったのはわかる。
だが、それ以前に、山口自身のデキが酷過ぎた。
どうしちゃったの?
まったく組み立てに関与出来ず、
効果的なパスは出来ず、
守備でもUAE戦前半同様の出来。
現在の代表における彼の立ち位置を考えると、
厳しく触れざるを得ないよなぁ…。

ボランチ2人はアテにならないし、
両SBもスーッと前に上がってしまう状況で
吉田と森重は本当に可哀想だった。
で、仕方なくロングボール主体になるんだけど、
彼我の実力差ゆえ、それで優位に立てることがままあるんだよね…。
特に、右サイドで久保が能力を発揮。
3−0まではすべての得点に絡む活躍を見せた。

ボランチ問題の影響もあるのだろうけど、日本は守備でもピリッとしない。
PKストップがクローズアップされるだろうけど、
それ以外の部分でも川島が大きな存在感を見せたお陰で
何とかクリーンシートを達成するも、
ボールの奪いどころはハッキリしないし、
(この言い方は失礼だけど)タイ相手に数人で囲みに行っても剥がされるし、
バイタルでプレッシャーなく前を向かせてしまうし……。

4−0という数字からは想像し難い、攻守ともボロボロの内容だった。
「W杯予選はとにかく勝つことが大事。内容云々じゃない」ということは理解してるけどさ、
それにしたって……とこぼしたくなるレベルですよ。



それにしても、タイ代表は素晴らしかったね。
アウェイで、格上も格上の日本に対して、
試合開始から「何かを起こしてやろう」というアグレッシヴさを見せ、
特に攻撃では、奪われない個の技術と2人3人が絡むショートパスによる崩しで
日本のゴールに幾度となく迫った。
点差が開いてもそのモチベーションが落ちることはなく、
自棄になった汚いプレイも皆無。
清々しいチームでした。




menufootballmatch