menufootballmatch



日本 2−0 オーストラリア
W杯アジア最終予選(9)
(17/08/31:さいたま(日本))
テレビ朝日


日本スタメン
乾_______大迫______浅野
_____山口____井手口____
________長谷部_______
長友____昌子__吉田___酒井宏
________川島________



※交代は後ほど



この予選中に3−4−2−1にシフトした相手に対し、
日本は4−3−3で前から果敢にハメていく守備と
(相手3バックに3トップ、相手DH2枚にIH2枚をそのままぶつけ、
 中央からの組み立ては許さない構え)
4−5−1セットで応対。
特に前半はアンカーに入った長谷部の脇を使われたり、
後半の中頃からは相手の前3枚のうち1〜2枚が右サイドに加担してきて
7番とのマッチアップでは危なげのなかった長友が苦しめられたり、
といったことがあったももの、
オーストラリアがさほど流麗ではないボール回しでの崩しに執心していたこともあり、
全体としては大きなピンチも無く、
しっかりと守り切ることに成功。

一方の攻撃面では後方からのボールを収めまくる大迫を起点に
乾・浅野の両WGが幅を取りタテに速い攻撃を敢行。
リードを奪ってからは前がかる相手に対して
井手口から右サイドへのフィードも冴えた。
攻撃の回数に対する好機の数はまずまず多く、
その中で2点を奪い取ることが出来た。
クロスに対してボールウォッチャーになる相手DFラインのウラに
見事に入り込んでみせた浅野の先制ゴールは、
スカウティングの賜物だろうね。

会心と言って良い内容での勝利で、
日本が1試合を残してロシアW杯行きを確定させた。



大迫が圧巻だった。
相手を背負いながらどんなボールも柔らかく収めて、
確実に味方に落としてくれる。
負傷が伝えられていた彼がこの試合に間に合っていなかったら、どうなっていたことか…。
酒井宏樹も素晴らしかった。
この予選を通じてより計算が出来る選手になったと思う。
守備面でのポカが出ず、且つ自陣ゴール前で身体を張ってくれ、
攻撃面では自サイドの奥へと浅野や流れる大迫を走らせる縦パスも。
高速クロスとサイズが語られるばかりの選手ではなくなってきたよね。
乾も、しっかりと守れる選手になったことを見せたし…。
一人ひとりを細かく褒めたい!(笑)





オーストラリア。
ポゼッションスタイルを取り入れようということなんだろうけど、
DHの2枚を除いては個としてもまだ足りてない印象があった。
3−4−2−1のWBに入った時の、サイドへのサポートの薄さも気になったな。
独力突破出来る選手でもないのだから、連携が大事だと思うのだけど。
(後半半ば過ぎからの右サイドは除く)
放り込みも選択しなかったし、
日本としては助けられた部分があるのは間違いない。




menufootballmatch