menufootballmatch



日本 1−3 ブラジル
国際親善試合
(17/11/10:スタッド・ピエール・モーロワ(フランス))
テレビ朝日


日本スタメン
原口______大迫______久保
________井手口_______
_____長谷部__山口______
長友____槙野__吉田___酒井宏
________川島________



※交代は後ほど



まー、ブラジル強いスわ。
もうちょっとやれるかと思ったけど、
「サン・ドゥニの悲劇、再び」って感じでした。

前半のキックオフと同時に前から行く姿勢を見せた日本。
まずまず悪くない入りで、さぁ、少し落ち着こうかというところで
与PKで先制点を献上。

これでブラジルに余裕を与えてしまった…。

前から奪いに行きたい日本に対して、
両SBとも上げずに最終ライン4枚でゆったり回すだけでなく、
3センター全員も低く構え、
細かいパス回しでのボールの逃しどころを確保するブラジル。
更に、低く構える3センターとは対象的に3トップが高い位置に張っており、
これに対応する日本のDFラインと、
前から奪いに行く意識のある中盤には広大なスペース。
このスペースをFWが引いて/3センターがふっと前に出て使うこと
ブラジルの最終ラインがチラつかせるため、
日本は人数だけ前の方に並べてはいるものの、
細かなパス回しを許さない覚悟で奪いに出ることが出来ない。

ボールの追い方がある程度上手く行き、
日本の選手が数人で囲みに行くための縦パスをブラジルに出させることが出来ても、
囲んだ先で奪い切ることが出来ずにパスでボールを逃されてしまう…。

ブラジルの3センターは基本的に後ろに重心を起きながらも、
アタッキングサードでFWが崩せそうなカタチになるや一気のダッシュで前方に進出、
ボールホルダーに選択肢を与えていた。
このギアチェンジが素晴らしく、トップスピードの速いこと速いこと…。
日本の前めの選手は置き去りにされ、
次々飛び出してくるブラジルの後方の選手を日本の守備陣は捕まえきれずに振り回される。

そして、ブラジルは全員が全員トップスピードの中でも的確な判断と落ちない技術を披露出来ていた。

酒井宏樹はネイマールをよく抑えていた方だとは思うが、
そこだけ抑えてれば何とかなるという話ではないのだものな…。



後半開始時にGKを代える余裕を見せたブラジル。
親善試合の交代枠6ゆえのがちゃがちゃで、
日本は何となく後半良くなったように見えたものの、
「収穫」とか「ここは通用した」みたいなことは、
間違っても言えないよなぁ…。

いやぁ、ブラジル、強かったっス。





とりあえず、試合中もさんざツイートしてたんですけど、
普段あんまりサッカー観ないという人は、
今日、実況と松木安太郎が言ってたことはすべて聞き流してください。

松木安太郎がサッカーをあまり観ない人向けに
地上波では応援スタイルを貫いていることは知ってるけれど、
それにしても今日の発言内容は酷かった…。




menufootballmatch