menufootballmatch



ベルギー 1−0 日本
国際親善試合
(17/11/14:ヤン ブレイデルスタディオン(ベルギー))
テレビ朝日


日本スタメン
原口______大迫______浅野
____井手口____長澤_____
________山口________
長友____槙野__吉田___酒井宏
________川島________



※交代は後ほど



こういう試合をドローで終えられれば、上への展望が開ける。


縦にいいパスを入れた時の全体の「前へ」という圧力、
アタッキングサードに入るところで一度サイドに開く幅の使い方、
局面の身体の強さ・使い方なんかは「流石」と思わせたけど、
それでも、ベルギーはブラジルのような異次元の存在ではなくて、
この試合の敗戦も「力押しに屈した」という表現になると思う。

日本は20分くらいまでは前から狙い通りに守れていたけど
(日本の4−3−3は3バックによる組み立てのチームには割ときちんとハメられると感じる)
徐々に全体が押し込まれ、
奪い切れずに剥がされたり、
一度サイドに振られたところから守備組織にズレが生じたりで
危ない場面を作られた。

だけど、川島の好セーブ数本を含め、これくらいのやられ方というのは
対一流国においては全然想定の範囲内。
むしろ、よくやってる方。
(GKの好セーブは前提になってしまうのが現実だよねー)

交代枠ゆえのがちゃがちゃなんかもあって
ドリブルで翻弄されてから失点してしまったけど、
まぁ、守備面は及第点じゃないかね。


むしろ問題は、攻撃面。

狙い通りの守備が出来ていた時間帯は、
奪ってから右サイドで浅野のスピードを活かす攻撃が機能していたけど、
以降はパッとしなかった。
長澤なんかはボールの回りを良くしていたけど、
原口は守備にも全力であるがゆえかキレもパワーもあまり感じられず、
山口はパススピード、狙いどころともに国際レベルに無かった。
大迫がアジア相手ほどに勝てないことを織り込んだ上で、
もう少しどうやってボールを循環させるか、前に急げない時に落ち着いて保持するか、は
詰めていかないといけない。
(ハリルホジッチへの批評によく聞こえてくる「何でもかんでも縦に急ぎ過ぎ」は
 こういう相手になるとなお際立つね)




長澤はとても良かったと思う。
次も呼ばれるでしょう。
森岡は自分の後ろにボールがある時の守備をもっと考えて。
山口はもっとやれるでしょう。
杉本は、やっぱり身体張ってくれる人が近くにいてこそだな、と思う。
C大阪みたいに主導権とボールを握れるチームでならともかく、
W杯を戦う日本において、頼れそうな気がしない…。

酒井宏、川島、槙野はこの2試合とても良かった。
槙野は「相手が強ければ強いほど燃えていいプレイが出る」みたいなものがあるのだろうか。




menufootballmatch