menufootballmatch



日本 1−1 マリ
国際親善試合
(18/03/23:スタッド・モーリス・デュフラン(ベルギー))
テレビ朝日



日本スタメン

宇佐美_____大迫______久保
________森岡________
_____長谷部__大島______
長友____槙野__昌子___宇賀神
________中村________


※交代は後ほど



前半。
立ち上がり、中盤での不用意なロストを避ける目的か、
最後尾からのロングボールを中心に組み立て。
マリのDFラインがかなりルーズだったこともあって、
まずまず有効だったように思う。
試合が落ち着いて来てからは大島がリンクマンとして躍動。
前回出場時もそうだったけど、
中盤で受けて効果的なパスでチームを前進させるさまは
非常に頼もしかった…が、
(おそらく筋肉系の)トラブルで途中交代に。
A代表で試合に出ると怪我をすることに定評のある大島…。
大島がピッチを去ってからは、再度ロングボールが中心になり、
マリの守備陣が慣れてきたこともあって、
あまり可能性を感じさせなかった。
一方で、守備では前からハメて行って
ハーフウェー付近のサイドで狩るという狙いが、
一定の成果を見せていたと思う。
とはいえ、こちらもマリの選手が慣れてくるにしたがって、
半身で受けてから日本の選手をブロック、
その後しなやかに前へ持ち出す…という場面が増えていった。
スコアはと言うと、
宇賀神が親善試合ゆえに2枚目のイエローを免除されたプレイでPKを献上、
ビハインドで折り返すこととなった。

後半。
親善試合ならではの選手交代の波も相まって、
攻守両面で日本はしっくり行かなくなっていく。
CB2枚が持たされて何も出来ない状況が何度も繰り返されたのには、
「こりゃW杯で先制されたら終わりだわ」との思いが強くなってしまった。
終盤にマリも幾らかルーズになったところで中島が躍動、
何とか負けないで終わったのは、
最悪の事態を避けられたという意味で良かった。



試合開始前に立てたプランが上手く行かなかった(行かなくなった)時の修正、
チームとしてボールを前進させる手段、
選手間の連携…。

大会前の合宿でどうにか出来るといいのだけど。
(つーか、してくれないと困る)




menufootballmatch