menufootballKamatamare SANUKI>2020



Kamatamare SANUKI 2020




○出場記録○
(Jリーグ公式サイト内、カマタマーレ讃岐2020年シーズンのページが別窓で開きます)


○選手寸評○
(※6試合ごと(最終の区切りのみ4試合)にタブと評価を分けています)


○試合雑感及び各期間総括○
第1節〜第6節第7節〜第12節第13節〜第18節
(※試合雑感へのリンクはすべて別窓で開きます)


2020 01_06
第1節
讃岐−G大阪U-23(20/06/28)
第2節鹿児島−讃岐(20/07/05)
第3節岐阜−讃岐(20/07/11)
第4節讃岐−今治(20/07/15)
第5節鳥取−讃岐(20/07/19)
第6節讃岐−熊本(20/07/25)

☆第1節〜第6節総括☆
チーム成績:18位(1分5敗/得点4:失点11:得失点差−7)
育成型クラブへの転換を掲げ体制も刷新しての船出は、
順風満帆とは程遠いものとなった。

「前へと出て奪う守備」「ペナルティーエリアへの侵入回数にこだわる」との
望月一仁新監督の方針は、
時間帯やスコア状況によってはピッチ上に体現されるものの
質量共にまだまだ足りていない。

新設されたGMの職に就いた上野山GMが求める「最高のファーストタッチ」は
鹿児島や熊本にその差を見せつけられ、
道のりの長さを感じさせる。

今季はある程度目をつぶるべきであろう成績面も振るわず。
プロキャリア一年目の選手を多く抱えるチームは
若さがマイナスの方向に出た安くて青い失点を繰り返し、
負けが込んでは自信を失ってしまうとの懸念からか、
ベンチは
「落ち着きをもたらすために昨季までの守護神・清水を第3節より先発に戻す」
「相手を見て幾らか守備に重心を傾けて戦う」
「中盤でより『戦う』ために森川を先発でDHに置く」
といった手当てを試みるも、
悪い流れを断ち切ることが出来ないでいる。

……と、まぁ、書いててしんどくなってくる状況ではあるんだけど(苦笑)
個人的にはまったく希望を持っていない/持てていないわけでもなくて。

5〜6回はゴールライン上でのクリアに遭ってたり、
完璧な崩しからのシュートがGK正面だったり、
ポスト/バーを叩いたシュートも2本あったかな…。

こう、「若いチームだし何かひとつ掴めれば勢いが生まれたり急成長したりするかも」と思えるような
紙一重の部分にまでは迫れてると思うのです。

それを掴むかどうかが、紙何万重だってくらいの大きな違いなんですけど(苦笑)

たぶん、我慢に我慢を重ねて安い失点を減らしていくよりも、
勢いでポンポーンと連続ゴールしてチーム全体がイケイケになる方が実現性は高いし、
チームが志向するスタイルにマッチしているので自信に繋がりやすいと思うので、
現状、わかりやすく「希望」である栗田を中心に、
前線の選手が早い段階で爆発してくれることに期待します。

細かいことはそれからでいいでしょ!



第1節〜第6節第7節〜第12節第13節〜第18節
(※試合雑感へのリンクはすべて別窓で開きます)

2020 07_12
第7節
C大阪U-23−讃岐(20/07/29)
第8節讃岐−沼津(20/08/02)
第9節福島−讃岐(20/08/09)
第10節讃岐−秋田(20/08/15)
第11節八戸−讃岐(20/08/23)
第12節讃岐−YS横浜(20/08/30)

☆第7節〜第12節総括☆
チーム成績:17位(1勝4分7敗/得点11:失点20:得失点差−9)
(期間中/1勝3分2敗)
自分としては「監督は選手に授け過ぎずに我慢している」という説を唱え続けていたかったのだが、
「だとしても、あまりにも」という感情が芽生えて来てしまうサッカーが続いていた。

試合後のコメントで繰り返される「前からの守備」は連動に乏しく、
自陣でセットする4−4−2守備も容易に中央を割られるなど強度を欠いた。
長谷川や林の登用を見るに
怪我でメンバーが揃っていなかったのであろうことを鑑みても、
また、「3年計画」の1年目であることを差し引いても、
大胆な変革が必要な状態だったと思う。

大鉈が振るわれたのが2分7敗で迎えた第10節というのは
シーズンを考えずとも「遅い」との印象は拭えないが、
とにかく、そしてようやく、チームは動き出した。

新たに採用した3−3−2−2は一定レベルの安定をもたらし、
初勝利となった第11節の八戸戦では
若いチームらしい、勢いによる逆転劇も飛び出した。

「ここから」という空気を醸成出来つつあるのこの機を確実に捕らえて、
若い選手たちの成長曲線を急角度にして欲しい。

望月監督はこれまでよりも細かく
チームに、選手に対して
策を授け、要求し、勝利に少しでも近づくよう道を作るべきだ。

ゾーンごとの守備の整備、
クロッサーへの寄せとクロス対応、
ロングカウンターにおけるパターンの構築、
選手交代によるピッチ内の機能保持や変化の共有、
状況ごとの意思統一…。

自分に向ける矢印は幾らでもある。



第1節〜第6節第7節〜第12節第13節〜第18節
(※試合雑感へのリンクはすべて別窓で開きます)

2020 13_18
第13節
相模原−讃岐(20/09/02)
第14節讃岐−富山(20/09/06)
第15節藤枝−讃岐(20/09/12)
第16節讃岐−岩手(20/09/19)
第17節長野−讃岐(20/09/22)
第18節讃岐−八戸(20/09/27)

☆第13節〜第18節総括☆
チーム成績:18位(2勝6分10敗/得点18:失点28:得失点差−10)
(期間中/1勝2分3敗)
勝ち点と得点が思うように伸びはしなかったが、
手に入れた安定をベースに悪くない戦いが出来ていたと思う。

第1節〜第6節のところでは「若さを活かした突き抜けが出来るか否か紙一重」というような書き方をした。
仮にここで突き抜けられていた場合は、
「5−2で勝った次の試合で0−3で負けることもある」みたいな波の大きさと
しばらく(下手したら今季いっぱい)お付き合いする未来になっていたと思うんだけど、
第13節〜第18節では
「幾らか大人になったぶん、大きく突き抜けるような勢いはやや薄れたか。
 ただ、一重の紙を破れさえすれば、勝つためのコツを習得できて、
 調子の波を最小限にして勝ち続けられるかも」
という印象になった。

3−3−2−2導入に際し特に懸念されていたアンカーと右WBのバックアップについては
アンカーで岩本に守備面でも目処が立ち、右WBでは川アがスタメンを奪取。
(恐らく怪我であった)中村や小松も戦線に加わり、
戦い方の落ち着きと共に、チームの総合力も上がって来た印象がある。

サポーターズミーティングにて掲げた「3年後(2022年シーズン)にJ2上位争い」という目標に対しては
ハッキリ言って歩みの速度が伴っていない。
今季ここまでの成績はスポンサーに申し訳ないし、
離れるサポが出るのも無理はないと思う。
だけど。
着実な成長のためには継続性が大事であることと
現在のチームの様子から、
自分は、一部にある監督の進退問題については「迷わず続投支持」のスタンス。
更に言えば、
目安としてシーズン残り16試合で勝ち点を24くらい上積み出来るか、
大幅に得点力が増すor大幅に失点が減るようであれば、
来季も望月監督でいいと思ってます。

それと、今季残り/来季の監督が誰であっても、
2022年シーズンの目標は「J2に昇格するor開幕時にJ2に居られたら絶対に残留する」に、
下方修正した方がいいでしょう。

もとより高めだと感じていた目標設定だったけど
やはり育てながら勝つのは並大抵のことじゃないし、
「育成型クラブ」への転換を掲げた以上は
育てることの方だけでも確実に成して行かなくてはいけないと思うのです。



Top of this page


last up date(this page):20/09/29





menufootballKamatamare SANUKI>2020